第三期生(2015年)小倉航

2015年5月29日(金)

今日は午前中だけ工場で作業を行い、午後からは建材市場に連れて行っていただきました。

先日、塗装の現場を見学させていただいた時に聞いていたのですが中国では同じ種類の商品を大勢の人が持ち寄って販売する事があるらしくそういった場所を建材市場とよぶそうです。

建材市場では塗装に関する物をだけではなくライト、ドア、電化製品など数え切れない種類の商品が販売されていました。

購入する側からすると建材市場に行けば殆どの物が揃うので便利だと思いますが、販売する側から考えると競合店が周辺に有るので大変なのだろうと思いました。

上海インターンシップでは様々な事を学ぶことが出来ました。電車に乗るだけでも何か一つ発見が有り、日本とは違う考えの人たちと肩を並べて作業するという貴重な経験をすることもできました。

インターンシップで学んだことをどう生かすかは自分しだいですが、今回学ばさせて頂いたことを胸に刻み良い方向へ成長できると確信できるインターンシップでした。


最後になりましたが、今回のインターンシップでお世話になった方々に感謝いたします。2週間という長い間お世話になりました、この2週間を忘れずに自分の糧にしていきます。 

ありがとうございました。

2015年5月28日(木)

今日は工場で勤務するのではなく中国にある工場を見学させて頂きました。

その工場では塗装用の刷毛、ローラー等の塗装に関する商品を生産していました。

殆どの商品を一から生産しているようで丸太を仕入れて刷毛の柄の部分を作っているのには驚きました。

一から生産する事でお客様からの様々な要望に応えることが出来ると仰っていました。

私が想像していたよりも遥かに規模の大きい工場で日本の100円均一で見た事のある商品も作っていました。

完成品を見ただけでは分からないような部分を製造過程を見ることが出来たので非常に勉強になりました。

2015年5月27日(水)

今日も一日工場勤務でしたが、勤務時間の合間に薮田塗料会長さんとお話させて頂けました。

中国工場で生産された物の質が悪かったのは昔の話で、今の中国工場で生産された物は質がかなり上がっているそうです。

しかし、中国が発展すると同時に国民の最低賃金も上昇しているらしく、今までと同じように中国工場で商品を生産した場合日本で生産するよりコストがかかる事もあるそうです。

中国で物を生産した方が圧倒的にコストを抑えることができると思い込んでいましたが、中国で仕事をしている人の話を聞くことで中国の現状を学ぶことができました。

2015年5月26日(火)

今日は一日工場勤務でした。

工場勤務が終わってから薮田社長と食事をご一緒させていただきました。

食事の中で様々なお話を聞かせていただきました。日本以外の国で仕事をするのは私が想像していた以上に難しく、その国の常識、文化、人々について入念な下調べをしたつもりでも実際にやってみなければ分からない事がたくさんあるのだと感じました。

今まで一度も海外に行った事が無かったので思いもしなかったのですが日本だけで仕事をするのには限界が有り、世界に目を向け無ければいけないのだと学ぶことができました。

2015年5月25日(月)

今日も予定通り昨日と同じ職人さんの別現場を見学させて頂きました。

今日の現場は工場内の事務所で、昨日と同じ塗装をするとのことでした。

昨日、建材市場から仕入れた塗料の質があまり良くなかったらしく今日は別の塗料を仕入れたらしいのですが、乾

燥時に一部ひび割れを起こすという新たな問題が発生していました。

中国で塗装をするようになってまだ日が浅く、日本から持ち込める塗料も制限が有るらしいので塗装には苦労する

と仰っていました。

たとえ塗装の技術と経験を持っていても国外で実力を出し切るのは一筋縄ではいかないという事を学べました。

2015年5月24日(日)

今日は工場勤務ではなく上海に有るオフィスの塗装の現場を見学させていただきました。

今回の現場で塗る為に日本から持ち込んだ塗料は特殊らしく伸びが悪いそうです。

日本から持ち込んだ以外の塗料は中国の建材市場で仕入れたそうですが、どれも初めて見る塗料で中国語でしか書

いていないので目的の物を手に入れるのに苦労したとおっしゃっていました。

初めて見る塗装の現場だったので何が行われているかを理解するのに時間が掛かりましたが詳しく解説をしてくれ

たので非常に助かりました。

明日も同じ職人さんが塗装する別の現場を見学させてもらえるそうなので今日学んだ事をふまえて明日の見学に臨

みたいです。

2015年5月22日(金)

今日は一日工場勤務でした。

作業にも慣れきて初日と比べると研磨のスピードが上がり、仕上がりも奇麗になってきました。

他の中国人労働者と肩を並べて作業している時に感じたのですが、日本の労働者と違い中国の方は喋りながら楽し

そうに作業をしていました。

トイレやタバコ休憩の時も誰に報告する事もなく個人の行きたいタイミングで行っているようでした。

日本と中国のやり方ではどちらが優れているかは分かりませんが、同じ作業でも国が違うだけでこんなにもやり方が変わるのかと思いました。

2015年5月21日(木)

今日は一日工場勤務の予定でしたが、食欲が無かったので昼ご飯の時間に仮眠を取ってから午後の作業に参加しました。

起きた時に頭痛と悪寒がしましたが大丈夫だろうと判断し午後の作業に参加しました。

一時間ほど経つと症状か悪化してきたので午後の作業を休ませていただきました。

研修だから大丈夫という訳では無いですが仕事の場合は絶対に休めない事もあるので体調管理も仕事の一つと考え万全の体制挑むようにしたいです。

2015年5月20日(水)

3日目も午前は工場勤務、午後は塗料メーカーとの打ち合わせの場に同席させて頂きました。

昨日と違い顔合わせが目的ではなく、メーカーから購入した塗料に問題が有った為その問題を解決する打ち合わせをするとのことでした。

お金にも関係する事だからか昨日とは雰囲気が違うように感じました。

社会に出ると様々な人と打ち合せをする事になると思いますが、昨日と今日で打ち合わせの雰囲気を知る事ができたので今回の経験を将来に活かせるようにしたいです。

2015年5月19日(火)

2日目は昨日と同じ工場勤務だけではなく、塗料メーカーとの顔合わせの場に同席させて頂きました。

その中で中国での溶剤塗料に関する税金の話を聞かせて頂きました。

私の塗料に関する知識不足で理解できない部分もありましたが、初めて企業間のやり取りを見る事が出来たので色々と学べる点がありました。

今後、仕事をしていく上で必ず他の企業と関わることになると思うのでその時は今日学んだことを活かせるようにしたいです。